肌荒れのないキレイなお肌はスキンケアから!美肌対策のための情報

アレルギーによる肌荒れ

 

アレルギーによる肌荒れ

アレルギーによる肌荒れが最近、多くなってきています。アレルギーが起こる原因は、生活環境のほか、遺伝や体質などが原因として考えられています。遺伝や体質で生まれ持った方もいますが、ある日突然引き起こしてしまう方がいます。

アレルギーの原因と言われているダニは私たちの身近にいて、もはや共存しているといってもいいくらいではないでしょうか?住居の中の絨毯や畳、寝具などに多く生息しています。他にも布製で出来た製品にも多数生息していて、もはやダニを完全に避けることは不可能に近いのではないでしょうか?

 

 

以下のようなアレルギーの原因物質なとがあります。

吸入性アレルゲンによるアレルギー 室内チリ(ハウスダスト、ダニの虫体やフンなどが主)、カビ、ペットのフケや毛花粉(スギ花粉、ヒノキ花粉、イネ科花粉、ブタクサ科花粉)など。
食物性アレルゲンによるアレルギー 肉類、魚類、乳製品、卵、マヨネーズ゙、そば、落花生、大豆, 大豆油, 小麦, 米とうもろこしなど。
接触性アレルゲンによるアレルギー 化粧品、うるし、ゴム製品、衣服や寝具の素材(綿・絹・羽毛・羊毛)金属、薬物、化学物質、塗料など。

このような原因物質によってアレルギー反応が出て、肌にかゆみが生じる場合や赤みが出てくる場合があります。それが肌荒れの原因となってしまう場合があるので気をつけてください。もし、原因が分からないかゆみや赤い発疹が出るようならば、一度皮膚科を受診して検査をしたほうが良いかもしれません。
自分では、気づかないアレルゲンがあるかもしれません。

アレルギーによる肌荒れ対策

アレルギーによる肌荒れ

アレルギーを起こさないためには、根本的な対策をしましょう。
ハウスダストからくるアレルギーをおさえるには、掃除と湿気対策が大切です。
ハウスダストの原因となるダニは、人間は共存しているといってもいいくらいに身近に存在しています。私たちの住居に繁殖しており、とくに絨毯や畳、寝具に多く生息していると言われています。その他にも布製で出来ている布製品にも生息していて、もはやダニを完全に避けることは不可能に近いと言われています。

 

 

ハウスダスト
ハウスダストは、おもに人間がだすアカ、フケ、髪の毛、衣服から出る繊維、ペットの毛、カビ、ダニのフンなどさまざまです。また、ダニ自体だけでなく、ダニの死がいやフンも
強力なアレルゲンです。ダニは高温多湿をこのみます。大体、6〜8月が繁殖のピークになりますが、近年住宅の気密化が高まり、湿気が逃げにくい環境になったので冬でも発生しやすくなっています。
花粉
花粉は、春先にかけて飛び散るスギ花粉による花粉症が一番多いですが、夏や秋などに出る花粉症もあるので注意してください。また、窓やドアの開閉や帰宅時に家の中に持ち込んでしまう場合があります。

 

アレルギーによる肌荒れ

部屋中の棚や家具の上にホコリが溜まらないように注意し、掃除の時はホコリを立てないようにハタキなどは使わないで掃除機で吸い取るか、雑巾で拭き取るようにしましょう。じゅうたんやカーペットは、ホコリがたまりやすいのでなるべく使用を避けたほうがいいです。使用している場合は、こまめに掃除機をかけハウスダストを吸い取ってください。部屋に置いてあるぬいぐるみやクッションなどは、ダニが付きやすいので置かない。または、こまめに掃除機をかけハウスダストを吸い取ってください。
カーテンは、こまめに掃除機で吸い取り、定期的に洗濯を行いましょう。布団も天気の良い日は干して掃除機をかけてからしまうようにしましょう。
ダニのえさになるハウスダストを減らすことによってダニの発生が減ると思って、こまめな掃除を心がけてください。

 

 

 


 
TOP 洗顔石鹸 トライアルセット 美肌を保つ秘訣