美肌対策

便秘になってからなんだか体臭が気になってしまったことはありませんか?
便秘と体臭はあまり関係ないと思われますが、便秘が長く続くようになって臭うのはオナラだけではなくて、体臭や口臭にも出てきてしまいます。

 

便秘と体臭の関係

なぜ、便秘になると体臭が臭ってきてしまうのでしょう?
腸内にたまった便は、いつまでも排出されないと腐敗したガスや毒素がたまってしまい腸内を汚してしまいます。腸壁から血液中に吸収された腐敗したガスや毒素は、血液を汚してしまい血液を通して全身をめぐって汗や皮脂と一緒になって体臭として皮膚から放出されるようになるのです。また、肺からも同じように匂いを出してしまうので口臭なども臭くなってしまいます。

このように、身体全体に悪影響を及ぼしてしまいますので解消するようにしましょう。

 

便秘と体臭

 

便秘を解消するにあたって下剤などを使う方がいますが排便機能を鈍くさせますのでおすすめできません。下剤だと腸内の塊は、排出できたとしても腸壁にこびりついた便は、とることができないので腐敗したガスや毒素は残ってしまうので解決にはならないと思われます。

 

 

 

便秘と体臭

便秘を解消するには、便意があるときに我慢しないことが大切です。便秘の多くの方が便意を我慢してなってしまうからです。ダイエットや少食であまり食事をとらないと便が作られずに排泄行為が上手くいかなくなりますので食事はしっかりと取るようにしましょう!特に、朝食をとったあとには、便意がなくてもトイレに行き習慣づけることが大切です。トイレを我慢するようなストレスを避けるようにして適度な運動をすることも大切です。

 

便秘の種類と原因

[直腸性便秘]→直腸に便がたまる
便が直腸まで来ているのに便意が模様してこない便秘の症状で、便意を我慢してしまう方がなる便秘。その他に寝たきりの人や高齢者にも見られます。
解消のポイント
・決まった時間にトイレに行くように習慣づけるようにしましょう。
・直腸性便秘の場合は、直腸に問題があって食物繊維を摂りすぎると返って便秘を悪化させてしまいます。食物繊維は、大腸に作用しますので便が溜まって症状を悪化させる場合があります。

 

[弛緩性便秘]→大腸の運動が低下
運動、水分、食物繊維不足からくる便秘で腸のぜん動運動が不十分で便がたまり便が硬くなる便秘で高齢者や女性に多く見られます。お腹が張る、残便感、食欲低下、肩こり、肌荒れ、イライラ感などの症状が見られます。
解消のポイント
・規則正しい食生活をとり食物繊維を取り入れるようにしましょう。
・オリゴ糖やビフィズス菌を摂るようにして大腸の善玉菌を増やすのが効果的です。
・適度な運動も取り入れるようにしましょう。
[けいれん性便秘]→大腸の過緊張
便秘と下痢を交互にくり返すことが多い 便秘の症状でぜん動運動が反応したり鈍くなって腸が痙攣して便秘になるタイプです。ストレスや環境の変化によって起こしてしまい、残便感や下腹部痛などがあり、も細い便やウサギのようなコロコロした便が出る。
解消のポイント
・ストレスなどで自律神経が刺激されてなってしまうのでリラックスすることを心がけて下さい。
・水溶性食物繊維(寒天、コンニャク、おくらetc)を摂ることによって腸に負担をかけることなく便意がもようしてきます。
・乳酸菌を多く含む食べ物を摂ることによって、腸内環境を整えるようにしましょう。

 

このように、便秘にもいろいろありますので、便秘にあった解決策を見つけることが大事です。

 

 

 

 

 

 


 
TOP 洗顔石鹸 トライアルセット 美肌を保つ秘訣