肌荒れのないキレイなお肌はスキンケアから!美肌対策のための情報

便秘による肌荒れ

便秘による肌荒れ

肌トラブルの原因の一つとして便秘になる事で、ニキビくすみ肌荒れといった肌トラブルに悩む女性が多いです。まずは、慢性化した便秘の改善をすることが大事です。
便秘は、腸内の悪玉菌が増えるので、有害物質などが発生して腸内環境が悪化しやすくなります。便秘になり腸内に便が長く停滞すると、有害物質が生成されてその毒素が腸壁から血液中に吸収され、それが皮膚に到達すると皮膚細胞の機能が低下して肌荒れを起こします。
また、便秘で自律神経機能が低下することによって、皮膚組織の血行動態が悪化し、それにより、肌荒れが起こることもありますので、腸内環境を改善し、便秘を解消することが大切です。
とはいえ、便秘にならないためにと、安易に便秘薬に頼ってしまうと、便秘薬は癖になってしまう心配があります。便秘による肌荒れニキビを体の内側から改善して普段から栄養バランスを心掛けた食生活を心がけましょう。

便秘による肌荒れ対策

便秘による肌荒れ

一概に便秘といってもその原因はいろいろあります。例えば、小食や朝食を抜くとか!
朝、起きた時に、体の機能が動き出しますよね?胃や腸も同じです。そんな時に、小食や朝食抜きだと胃や腸が活動を始めるために大事な役割を果たせなくなっています。
また、便意をあるのに、トイレに行けない状態が続き我慢することを繰り返すと、便意を伝える
刺激が脳に届かなくなり、便秘習慣がついてしまいます。便意が起きた時はできるだけすぐにトイレへ行きましょう。

 

水分不足や食物繊維不足もよくありません。水分が少ないと便が硬くなり排便がスムーズにおこなわれなくなってしまいます。食物繊維は完全に腸で消化されずに便として排泄される途中で腸を刺激し、スムーズな排便を促したり、腸内の善玉菌を増やし腸内環境を整える役割をしています。
便秘を治すのには、腸内環境を改善する事です。腸内の腸内細菌はおおまかに善玉菌と悪玉菌の2種類あります。
善玉菌はお腹の中の環境を良くして腸の運動を整える働きがあります。善玉菌が優位の状態ならば便通も良くなるわけです。逆に悪玉菌優位の状態になっていると腸の運動機能が悪くなってしまいます。

 

以上のことから、食生活や生活環境を考えて便秘の解消を目指しましょう。

 


 
TOP 洗顔石鹸 トライアルセット 美肌を保つ秘訣