肌荒れのないキレイなお肌はスキンケアから!美肌対策のための情報

化粧品による肌荒れ

化粧品による肌荒れ

肌荒れの原因とされているものには、化粧品もありますが、自分の肌に合わない化粧品などを使用してしまうと肌荒れの原因となってしまう事もあります。
普段、何気なく使っている化粧品の成分を把握することが大事です。化粧品にはさまざまな種類があり合成化粧品、植物性化粧品、無添加化粧品、そしてアミノ酸化粧品と呼ばれるものがあります。

 

化粧品による肌荒れ

この中で肌荒れを引き起こすと言われているのが合成化粧品です。油を原料としている合成界面活性剤が含まれているのです。この界面活性剤は、脂汚れなどを分解するため汚れを落とすために使われています。(身近なもので知られているのが、マジックリンです。)実はこの界面活性剤が、肌荒れを生むものとされています。汚れを落とす能力は高いのですが、反面、お肌(皮膚)に刺激を与えすぎてしまうのです。その能力ゆえ、皮膚のバリア機能でもある皮脂を過度に落としてしまうことになります。ですから、肌荒れの原因とされ、しみ、しわなどから、乾燥肌などの原因として、合成化粧品が取り上げられてしまうと言うわけです

 

そのほかの化粧品も100%安心とは言えないかもしれません。生成過程で科学物質を使って溶媒に浸して、その植物がもつ有効成分を抽出したりしているのも中にはあります。使用されている化粧品の成分をよく確かめて自分にあった化粧品を選んで見てください。

 

化粧品による肌荒れ対策

メイクで肌が荒れてしまったら、今使っている化粧品がお肌に合わないことが確かです。今まで、平気でもホルモンバランスの変化などでいきなり合わなくなることもあります。

 

化粧品による肌荒れ

荒れた肌というのは角質が傷ついているため内部の水分がどんどん蒸発し、更なる肌荒れやトラブルを引き起こしやすくなっています。肌の乾燥は百害あって一利なし。肌が荒れた状態だからこそ保湿が欠かせません。
肌荒れ対策の基本は、とにかく保湿です。あと、気をつけてほしいことが、肌にしみるものはつけないこと。
スキンケア用品を使って、しみるということは、お肌が刺激に対して拒絶反応をしているからです。

 

 

化粧品による肌荒れ

スキンケア用品の中でも油分が多いものほど、肌にしみにくい傾向があります。化粧水など浸透性の良いものは、しみやすいので、乳液やクリームをつけるのがおすすめです。
それでも、しみてしまう場合は、ワリセンがおすすめです。刺激が大変少なく肌荒れ時のスキンケアに適しています。
肌が荒れてしまったときにはとにかく刺激を避けて肌を休めること。そのうえで水分を逃がさないようにすることです。

 

 


 
TOP 洗顔石鹸 トライアルセット 美肌を保つ秘訣