美肌対策

バランスの良い食事

キレイな肌を維持するためには、まず健康な身体でいることが大切です。 「皮膚は内臓の鏡」といわれるように、内臓など体の不調も、肌にでてきてしまいます。美しい肌を内側から保つためにも 規則正しい生活、栄養のバランスがとれた食生活を心がけましょう。そう言われても何をどの位食べれば良いのか?栄養のバランスなど普通の人は調べたりしなければわからないものですよね!今すぐにできる「何をどれだけ」食べるかを量ることが簡単にできる、『手ばかり』をオススメしたいと思います。

手ばかり

手ばかりというのは聞いたことがありますか?手ばかりとは、自分の手のひらの大きさで自分にあった食事の量が分かる方法です。おおよそ、一食分の食事量が簡単にわかりやすくなっています。

バランスの良い食事 
主食となる炭水化物は、身体や脳のエネルギー源となる主な成分です。ご飯以外のパンや麺類などは、同量〜1.3倍程度を目安にして下さい。よく、炭水化物を抜いたダイエットなどがありますが炭水化物は不足すると疲れやすくなり、思考力が低下してしまうので、オススメできません。

バランスの良い食事
副菜で大切なのが緑黄色野菜です。加熱したり、生のままで食しますが両手に山盛りに乗る量が1食の目安です。身体の調子を整え、不足すると便秘、肌荒れ、貧血などになります。

バランスの良い食事
主に、タンパク質を主成分とするこれらの食品は、不足すると体力も低下しメリハリのない身体になります。タンパク質の取り方もいろいろで朝食に納豆や卵、昼食や夕食に魚や肉類などを取るようにすると摂取しやすいと思います。

その他に、
※ビタミンCと便秘予防の繊維がたっぷり入っているいも類は、握りこぶしひとつ分の大きさ
※油脂製品は、人差し指と親指の先を合わせて「OK」サインの大きさ
などがあります。自分の手の大きさを基準にすれば、主食・主菜・副菜・副副菜の食事を適量にバランスよく食べることが簡単に分かるこの「手ばかり」。ちょっと覚えればずっと使える方法なので、面倒なカロリー計算は必要なので、この機会にやってみてくださいね。

 


 
TOP 洗顔石鹸 トライアルセット 美肌を保つ秘訣