美肌対策

目元のクマ美肌対策

体調の変化から出てしまう目元のクマは、不健康に見られたり、実年齢より老けて見られたりします。目元のクマがあるのとないのでは、4〜5歳ぐらい老けて見られるそうです。クマができる原因に寝不足を上げる人がいますがクマにもいくつか種類があって、原因も様々です。全てのクマが寝不足からくるものではありません。

クマの種類

クマの種類は、3種類に分かれていて「青クマ」、「茶グマ」、「黒グマ」があります。このクマの種類によってできる原因も様々あります。

青クマ

青クマができる原因として、血流の悪化が考えられます。目の下の皮膚は、とても薄く出来ていて血流が悪くなるとうっ血を起こしてしまい青く見えてしまいます。肌の白い方は、とくに目立ってしまうので気をつけるようにして下さい。

血行不良の原因

睡眠不足、冷え、ストレス、眼球疲労、ドライアイなどがあります。近年では、テレビ、パソコン、スマホなど電子機器の画面などを長時間見ることによって目を酷使しがちなので首、肩こり、顔全体の血行不良が考えられます。
※解決策としては、血流を良くしてあげることです。目を蒸しタオルなどで温めてることによって血管が広がって血流がよくなります。睡眠時間をきちんと取ることや目元をマッサージするのも効果的ですが強い刺激は、たるみの原因になってしまうので、クリームなどを使って軽くマッサージするようにして下さい。

 

茶グマ

茶グマができる原因として、メラニン色素の沈着があります。紫外線の影響や目の下の強い刺激(クレンジング、メイク)で出来てしまいます。また、肌の弱い方などはとくに気をつけなければいけません。

茶グマの解消策

紫外線を受けないようにUVケアをしっかりすることが大切です。日焼けどめクリームなどを使うのはもちろんですが、帽子やサングラスなどを併用して意識して防ぐことをしてみて下さい。また、目元への強い刺激や摩擦等は、メラニン色素沈着するのでけではなく、シワやたるみの原因にも成りかねないので注意して下さい。

 

黒クマ

黒クマができる原因として、加齢があります。年齢を重ねるごとにハリを失った肌がたるんでしまい、とくに皮膚の薄い目元は目立ってきて溝のような凹みができることによって、明暗の差が黒クマになってしまいます。
他にも、目の大きな方や脂肪の多い方もたるみが出やすく黒クマになりやすくなってしまう場合もあります。

黒クマの解消法

黒クマの解消法としては、ハリを取り戻してたるみをなくすことが必要です。マッサージなどが効果的でヒアルロン酸やペプチドが配合されたアイクリームなどを使って優しくマッサージすると良いでしょう。すぐには、効果が現れませんので気長に続ける様にして下さい。即効性があるのが美容外科などによるたるみの除去ですがお肌を傷つけるのであまりお勧めできません。


 
TOP 洗顔石鹸 トライアルセット 美肌を保つ秘訣