肌荒れのないキレイなお肌はスキンケアから!美肌対策のための情報

洗顔による肌荒れ

洗顔による肌荒れ

肌荒れの原因として近年、非常に多くなっているのが洗顔のしすぎです。落ちにくい化粧品などを強力なクレンジングによって落とした後に、さらに洗顔料などで顔を洗うダブル洗顔が皮脂を落としすぎているかもしれません。
日に、何度も洗顔をする人はそれだけ皮脂を落としているためお肌脂分がなくなり皮下の水分を保てなくなり乾燥してしまいます。
よく、脂性肌の方などは肌荒れと無縁なんて聞きますが、脂が浮きあがってきてメイクも崩れ気味になるか何度も洗顔しようとすると逆効果です。コットンなどを使って軽く押さえて余分な脂分をとったり、水だけの洗顔>にしたり工夫してみてください。
顔のスキンケアは重要なので過剰な洗顔はしないで正しい洗顔方法で顔を洗うようにしましょう。
洗顔するときは、力を入れすぎずに優しく洗うように心がけてください。
アイメイクなどで目の周りなどのメイクを落とすときなどは、特に気をつけましょう!目の周りの皮膚は、薄くて皮下細胞が傷つきやすいのでたるみの原因にもなりかねないので注意してください。
洗顔の回数をなるべく減らすように、メイクに使う化粧用品を変えてみるなど見直したほうが良いかもしれません。

 

洗顔による肌荒れ対策

洗顔による肌荒れ

洗顔方法で気をつけてほしい事があります。
※泡立てが少ない!
洗顔料の泡にはお肌の汚れを落とす以外にも、お肌との摩擦を減少させる役割があります。泡が少ないと摩擦も増えて、お肌にストレスや細胞を傷つけてしまいます。

 

※ゴシゴシこすり過ぎない!
洗顔のときにゴシゴシこすってはいけません。泡で汚れを落とすイメージで力をぬいて洗顔しましょう。こすり過ぎると脂質をとりすぎたり角層を傷つけてしまうことにもあります。

 

※すすぎが足りない!
汚れを落とす洗顔料も洗顔後にお肌に残るとそれ自体が汚れになってしまうのでお肌に負担を掛けることになります。20回ぐらいは、すすぎましょう!特に泡が残りやすい生え際やあごの下などはかがみでチェックしてみてください。

 

※洗顔は短めに!
しっかりとお肌の汚れを落とそうと長時間洗顔をする方がいますが洗いすぎは、肌に負担がかかるし、脂質を落としすぎてしまうかもしれません。なるべく、手短に短時間で終わらせるように気をつけましょう。

 

また、すすぐ時の水温は、30度ぐらいを目安にしてみてください。
冷たすぎると毛穴がしまってしまうし、熱すぎてしまうと脂質を落としてしまいます。

 

※洗顔後の拭き取りに注意!
洗顔後、水分をタオルなどで拭き取る時も注意が必要です。
強くこすって、お肌に強い刺激を与えないようにタオルを軽く押し付けるように余分な水分を取るようにして下さい。

 

オススメの洗顔石鹸

美肌になるために重要なのが、洗顔なのではないでしょうか?洗顔は美肌作りには欠かせない大切なものです。自分のお肌に合った石鹸を使用することがとても大切です。テレビや広告などの人気のスキンケア商品を使用して、自分のお肌と合わないでお肌が荒れてしまっては何の意味もありません。洗顔は美肌になるための基礎のスキンケア方法なんです。乾燥肌、オイリー肌、混合肌、敏感肌等、肌質にも、いろいろありますがアナタの肌質はどれですか?洗顔石鹸を変えたからといってすぐに、肌荒れは改善されることはありませんがちゃんとした正しい洗顔を行い、きちんとケアもして、さらには生活習慣や食生活も見直すことによってターンオーバが行われていくうちに少しずつお肌も改善されていきます。美肌を手に入れるためには、毎日の洗顔とスキンケアだけではなく、生活習慣や食生活も気をつけなければいけないものです。

 

オススメ洗顔石鹸人気ランキングでは、いろいろな洗顔石けんを紹介しています。

 

 


 
TOP 洗顔石鹸 トライアルセット 美肌を保つ秘訣