美肌対策

洗顔でキレイな素肌

正しい洗顔方法

正しい洗顔をすることによって、お肌は、潤いとハリ、弾力のあるお肌になります。しかし、間違った洗顔をすると、お肌にダメージを与えてしまい肌トラブルの原因になってしまいます。例えば、毛穴の汚れをしっかりと落とさなかったために毛穴が塞がりニキビが出来てしまったり、洗顔のしすぎで角質や皮脂を落としすぎて乾燥肌になったりしますので、洗顔は正しい方法でするようにしましょう。

 

洗顔は、スキンケアの第一歩です。

洗顔をすることによって、メイクや汚れ、老廃物を洗い流すことによって新陳代謝で押し出されてきた角質が自然に剥がれて、ターンオーバーを正常化してくれます。また、洗顔をしないことによって、蓄積された古い角質が剥がれ落ちなくなって、毛穴をふさいだり、汚れがたまりやすくなってお肌がくすんで見えたりします。
洗いすぎによるお肌に必要な皮脂や、お肌のうるおいを保つ角質層のセラミドや天然保湿成分まで洗い流してしまわない様に注意しましょう。

洗顔の準備

正しい洗顔方法

洗顔前に髪の毛をヘアバンドやゴムなどで落ちてこないようにまとめて髪の毛の生え際までしっかりと洗えるようにする。

正しい洗顔方法

洗顔前に手の汚れを落としておきます。手が汚れているとキレイな泡が作れません。

正しい洗顔方法

予洗いをします。この時、32度くらいのぬるま湯が適しています。皮脂が溶けるのが大体、30度くらいで皮脂を溶かした上で肌に負担がかからない温度が32度位です。また、毛穴を開いて汚れを落としやすくしたり、ぬるま湯を使う事によって、汗やホコリなどを予洗いの時点で落とします。

正しい洗顔方法

手のひらに洗顔料(洗顔石鹸、洗顔フォーム)をのせて空気を含ませながら泡をたてていきます。泡立てが苦手な方は、泡立てネットを活用して下さい。

洗顔の順番

  1. Tゾーン(おでこ、鼻の周辺)
  2. Uゾーン(頬、顎の周辺)
  3. 目の周り
  4. この順番で洗顔をしていきます。泡を肌にのせるように置き、手のひらが直接肌に触れないように泡で洗うような感じで洗顔して下さい。洗顔も手早く時間をかけずに終わらせないと皮脂を取りすぎたり、摩擦等で肌トラブルの原因になってしまいます。

すすぎ

すすぎもぬるま湯(32度位)ですすぐようにしてください。すすぐときの注意として擦らないことに注意をして下さい。すすぎの時に手のひらでこすりながら泡を落とすと摩擦でシミが出来やすくなります。ぬるま湯に顔を浸すように泡を落としていきます。大体、20〜30回かけてやるときれいに落ちます。

拭き取り

拭き取りに時も絶対にタオルをこするようにして水分を取らないでください。摩擦で肌トラブルの原因になってしまいます。擦らずにタオルを顔に優しく当てるようにして水分をとってください。

最後に洗顔後のスキンケアとして、化粧水⇒美容液⇒乳液の順につけていきます。

正しい洗顔方法

化粧水は、洗顔後の乾燥からお肌を守ります化粧水ですぐに保湿してください。また、化粧水を使う事によってその後につける美容液の効果が違いますので化粧水はたっぷりとつけましょう。

 

洗顔,洗顔方法,正しい洗顔方法,洗顔石鹸

美容液は、保湿成分や美白成分などの有効成分が濃縮して配合されていて肌に直接作用することができます。美白やニキビ、シワやシミといった肌トラブルに適したものを選ぶようにして下さい。

 

正しい洗顔方法

乳液は、保湿した肌に蓋をして潤いを保護する役目があります。オイリー肌の方は、乳液を使用したら余計にベタつくこともありますので自分の肌の具合で使用しましょう。


お肌は、十人十色なので再現率が100%とは、言えませんが参考にしてみて下さい。


 
TOP 洗顔石鹸 トライアルセット 美肌を保つ秘訣