肌荒れのないキレイなお肌はスキンケアから!美肌対策のための情報

生理前による肌荒れ

生理前による肌荒れ

生理前に肌荒れに悩むという女性は大変、多くいらっしゃると聞きます。生理前の肌荒れは、ホルモンのバランスが崩れてしましまうのが原因とされています。身体的にストレスを感じたり、睡眠不足になったり、生活習慣の乱れなどからホルモンのバランスは、簡単に乱れてしまいます。女性ホルモンの量が減ると逆に男性ホルモンの分泌が多くなり肌荒れやニキビの原因の皮脂の分泌が活発になって肌荒れやニキビを作ってしまうのです。まずは、ホルモンバランスを整えるのが効果的だと思います。

 

 

生理前のトラブルサイン

生理が始まる前にお肌に現れるトラブルがよく見られます。
※お肌に潤いがなくなり敏感肌になってしまう。
※ニキビや吹き出物が出来やすくなってしまう。
※わけもなくイライラしてストレスを感じてお肌の調子が悪くなる。
※身体がむくんで血流が悪くなってお肌がくすんで見える。

女性ホルモンについて

・エストロゲン(卵胞ホルモン)
美容ホルモンとも呼ばれていて、女性らしい体つきや女性の魅力を引き出すホルモン。コラーゲンを増やす働きもあり、肌のつややはりが出ます。また、骨のカルシウム量を維持する働きやコレステロールの調整機能もあります。
・エストロゲン(卵胞ホルモン)
妊娠サポートホルモンと呼ばれ、体温を上げる働きのほか、体に水分を保持したり、食欲を増進したりする働きもあります。

 

生理周期の特徴

 

・卵胞期(生理後絶頂期)
月経期に成熟しはじめた卵胞が、エストロゲンを分泌し、子宮内膜が徐々に厚くなり
受精の準備を始めます。エストロゲンの分泌が最も盛んで、
最も体調が良くなる時期です。
(肌にもハリやつやがでて、ニキビなどのトラブルも減ります。)

 

・黄体期(生理前の不調期)
黄体ホルモンの分泌が高まり、妊娠に備えて子宮内膜がやわらかく厚くなります。
黄体ホルモンと卵胞ホルモンのバランスが急激に変化します。
(抵抗力がある、皮脂分泌が高まる、自然な保湿ができ、乾燥を防げる肌トラブルはそれほど気にならない時期。)

 

・月経期(生理中ブルー期)
黄体ホルモンの分泌が減り、不要になった子宮内膜が血液とともに体外に排出され、 
生理が始まります。黄体ホルモンの分泌がなくなるので、体が冷え、血行も悪くなります。
(ニキビ、肌荒れ、シミ、血行が悪くなる、アレルギー反応が起こりやすい、かゆみやしっしんが気になりやすい)

 

以上な感じで女性は、生理のために体内で著しくホルモンを活動させています。
月経により失われる栄養素(鉄分、たんぱく質、カルシウム)を補うためにも食事にも気を付けてください。

生理前による肌荒れ対策

生理前の肌トラブル・肌荒れは、ホルモンバランスの乱れが原因です。肌荒れの元となる、黄体ホルモンが生理前には分泌されやすくなります。黄体ホルモンとは、男性ホルモンに似た働きをします。皮脂が過剰に分泌され、ニキビができやすくなったりします。生理前になると、とにかく全身のお肌は、敏感になってしまうので、新しいスキンケア用品の使用や剃刀や薬剤での除毛、髪のブリーチやヘアカラーも、お肌にダメージをかけてしまいます。また、ニキビもできやすくなる時期なので糖分の多いものを過剰摂取すると、さらにニキビが出来やすくなります。

 

生理前のイライラを抑える方法としていくつかありますが参考にしてみてください。
※豆乳を飲む
女性ホルモンと似た働きのイソフラボンでホルモンバランスを整えます。
大豆製品におおく含まれていますので、みそ、とうふ、なっとう、などもよいです。
※体を温める
冷えることで、ホルモンバランスや自律神経が乱れる事があります。
半身浴や足湯などで体を温めることによってリッラクスするようになります。
※適度に運動する
やはり、体を動かすことはたいせつですね。適度は、運動も体を温めてくれるので
新陳代謝もあがり効果があります。ヨガやストレッチがオススメです。

 

中には、症状が重くて生活に支障をきたしてしまう程の重い生理痛の方もいらっしゃると思いますが、そんな時はやはり産婦人科を受診したほうが良いです。漢方薬を処方してもらったり、低容量ピルなどで、ホルモンバランスを整えてみては、いかがですか?

 


 
TOP 洗顔石鹸 トライアルセット 美肌を保つ秘訣