美肌対策

お肌の構造

美肌対策

 お肌の構造
人間の皮膚の構造を断面図で見ると一番外側に表皮とよばれる部分があり、その下に真皮とよばれる部分があります。その内側に皮下組織があり、この「表皮」と「真皮」と「皮下組織」の3層構造からなっているお肌の厚みはわずか0.4〜1.5o程度しかありません。お肌で身体全体を覆うことによって、体の内部を様々な外部環境から守っていて、しかも体内の水分が、外に逃げ出さないようにしてくれています。

 

美肌対策

表皮

表皮はとても薄い構造になっていて肌の一番、外側にあり、外部からの刺激を防いでくれたり体内からの水分蒸発を防いでくれます。外側から「角層(かくそう)」、「顆粒層(かりゅうそう)」、「有棘層(ゆうきょくそう)」、「基底層(きていそう)」の4つの層からできており皮膚が順番に生まれ変わってはがれ落ちるまで、約28日のサイクルで再生されていて、これを「ターンオーバー」と呼ばれています。
美肌を維持するためには、ターンオーバーが正常に行われていることと水分保持が出来ていることです。

真皮

真皮は、約2mmぐらいの層からできており、コラーゲン繊維とそれを結び合せる弾力性のあるエラスチンが、皮膚のハリを保つために真皮内でクッションの役割を果たし、支えています。コラーゲンやエラスチンが減ってしまうことによってお肌のハリなどがなくなりシワやたるみの原因になってしまいます。
このようなお肌の構造を理解して真皮でしっかりと保湿して、表皮で閉じ込めるようにスキンケアをすることが大切です。
皮下組織
皮下組織は、大部分が皮下脂肪でできています。皮下脂肪は、体の体温を維持して外部からの温度変化や衝撃などを和らげてくれる役目をしています。また、真皮を効率良く機能するために支えていますが加齢と共にその力が衰えてしまうと皮下組織は下へ垂れ下がってしまいますがこれが「タルミ」の原因となっています。

 


 
TOP 洗顔石鹸 トライアルセット 美肌を保つ秘訣