肌荒れのないキレイなお肌はスキンケアから!美肌対策のための情報

喫煙による肌荒れ

喫煙による肌荒れ

喫煙による肌荒れタバコに含まれる有害物質によって引き起こされています。健康にも悪影響を及ぼすくらいだから、もちろんお肌にいいわけがありません。
たばこを吸うと有害物質の一つニコチンによる血行障害のため血管が収縮されて全身をめぐる血流が悪くなって皮膚に近い末端の細胞などに酸素など必要な栄養素が阻害されて新陳代謝の能力が低下します。

 

 

また肌を若々しく保つにはコラーゲンが必要になりますが、ニコチンは体内にあるビタミンCを消費します。コラーゲン>の合成にはビタミンCが必要ですから、ビタミンCが減少すればコラーゲンも生成されず肌の老化現象を促進する為、結果的に肌荒れの原因となります。
活性酸素は、人間が酸素を吸って呼吸する限り必ず発生していますが、ストレスを受けたり、喫煙をすることで大量に発生します。この活性酸素は、鉄がさびる様に肌の細胞を老化させてしまうので、顔や手の肌荒れを、正常な肌へと回復しにくくしてしまうのです。
一酸化炭素は血液中のヘモグロビンを酸素から奪い取り酸素が全身に行きわたるのを阻害します。その上、ニコチンによって血流が悪くなっている上に新鮮な酸素も栄養も回ってこないので自己再生能力は期待できないじょうたいです。

 

喫煙による肌荒れ対策

喫煙による肌荒れ

たばこを吸う人はビタミンCを意識して摂取しましょう!たばこを1本吸うと、体内の>ビタミンCが25mg〜50mg(レモン一個以上)が消費されます。果実に多く、含まれていますがなかなか摂取をしづらいのでサプリメントを飲むのもよいと思います。また、ビタミンCは、水溶性のビタミンなので、体内に長くためておけないのでこまめに摂取するのが大切です。
たばこを吸うと血管が収縮して血流がわるくなります。また、>たばこ>を吸うことによって白血球がその物質を除去しようと多量の活性酸素をつくりだします。また、たばこの煙自体に活性酸素のひとつ「過酸化水素」が含まれているので、活性酸素そのものを体内にとりいれてしまっています。
活性酸素>は細胞を酸化させて老化に導く物質であるため、喫煙>によって活性酸素が多く発生すれば老化スピードが加速します。
活性酸素を消去させるために役立つ食べ物
体内の抗酸化酵素だけでは間に合わない場合、食物に含まれている抗酸化作用成分を摂取することによって、活性酸素をできるだけ退治しましょう。

ビタミンC レモン、いちごなどの果物、緑黄色野菜に多く含まれます。
ビタミンE あゆ、いわし(油漬)、すじこ、たらこ(生)、めんたいこ、魚介類に多く含まれています。
ミネラル タンパク質とともにミネラルの体内でつくる3つの酵素の原料になります。
亜鉛 牡蠣(生)、豚肉(レバー)、ビーフジャーキー、パルメザンチーズ、煮干し、魚介類や牛肉に多くふくまれています。
セレン イワシ丸干し、シラス干し、小麦胚芽(はいが)などに多く含まれています。
プロアントシアニジン 赤ワインにたっぷり含まれています。

以上のような食品から抗酸化作用成分をとって、活性酸素を取り除いてみましょう。また、苦手な食べ物で摂取をしづらい場合など、サプリメントからとるのもおすすめです。

 


 
TOP 洗顔石鹸 トライアルセット 美肌を保つ秘訣